アイフルの不動産担保ローンを利用しました

費用を確認しておくと不満なく契約ができる

土地を担保に事業資金をお得に調達できるサービス費用を確認しておくと不満なく契約ができるこのローンで資金調達をしたことでピンチを切り抜けることができました不動産担保ローンは自営業者の味方

不動産担保ローンの場合、無担保ローンなどと異なり契約に手間と時間がかかりますし、費用も必要でした。
具体的に必要となったものですが、担保となる土地に加えて私自身が連帯保証人になる必要がありました。
法人がアイフルの不動産担保ローンに申し込みをする場合原則代表者が連帯保証人になる必要があります。
個人事業主が申し込みをする場合は、申込み条件や必要に応じて個人事業主本人が連帯保証人になる必要が生じることがあります。
融資を受ける際に必要となった手数料ですが、根抵当権設定費用と印紙代が必要となりました。
このあたりの費用は土地の売買などを行った経験がある人であれば馴染み深いですし、私自身も納得した上で申し込みを行ったので問題ありませんでした。
一方で土地の売買契約などに慣れていない人の場合、融資の申し込みをする前にこれらの費用を確認しておくと不満なく契約ができると考えられます。

知ってるけど、わたし街金で不動産担保ローン組んでるからダメなんだよね。

— ミルク・みさねこ (@MisaCat_E) 2019年8月25日